グランドカレッジ by西日本新聞

脳活に!終活に!「自分史」の書き方

脳活に!終活に!「自分史」の書き方

講師 中村伸江(なかむら・のぶえ)/Vivifa合同会社代表
 
概要 自分が生きてきた道程をたどる自分史。時代と共に自らを振り返り、脳を活性化させるほか、その過程で生き方を再確認し、新しい目標につなげます。エンディング・ノートを作る上でも役立つ自分史をなぜ、いま考えるのか。身近な体験を外に自由に発信したり、自分語りをしたりしてもよい時代。自分史を一生の宝物にしましょう!
 
動画 40分×5回
 ①「私の年表」を作る
 ②思い出の写真や作品を集める
 ③記憶ノートを作る
 ④未来への手紙を書く
 ⑤自分史としてまとめる
 
講師紹介 地方自治総合研究所(東京)の研究員、福岡県立大学公共社会学科准教授を経て、Vivifa合同会社を立ち上げ。自治体や地域の名士に関する歴史研究が専門で、インタビュー調査や地域の資料調査をして研究論文を書く。ママ向けサイトのWebライターとしても活動中。代表著書『自治と依存』『自治の重さ』(敬文堂)
 

講座を購入できません

講座の閲覧期間外のため閲覧購入はできません

販売期間 2023.04.26 - 2024.01.31

この講座のチャプター(5本セット)

「歴史・文化再発見」カテゴリの講座

「クリエイター入門」カテゴリの講座

まずは簡単会員登録!